企業行動規範

企業行動規範

企業倫理

日本精化グループは、これまで多くの社員の努力により信頼性の高い企業として評価され、それが会社の発展の源となっていると考えています。今後、更なる発展を目指すためには、私たち自身の倫理的行動の基本となる明文化された綱領が必要であると考え、「企業行動規範」及び「企業行動基準」からなる「倫理綱領」を制定しています。

また、「倫理綱領」をグループ全体に浸透させるだけでなく、企業倫理活動の仕組みが「生きた制度」となり、日本精化グループの健全な発展に貢献するため、倫理委員会を設置するとともに、「倫理綱領ハンドブック」を作成し、全員に配布し、啓発に努めています。

企業行動規範

1. 人命の尊重と安全・健康への配慮

日本精化グループは、事業活動のすべての段階において、人命の尊重と安全・健康の確保のために必要かつ十分な配慮を払います。

2. 地球環境の保全と社会への貢献

日本精化グループは、持続的発展が可能な社会を希求し、地球環境の保全に努めるとともに、社会との共存・共栄を図るという観点から、良き「企業市民」たることを目指します。

3. 法令および社会的規範の遵守

日本精化グループは、法令、その他の社会的規範を遵守し、公明かつ公正な事業活動を行います。また、政治、行政との健全かつ正常な関係を保つとともに、社会の秩序や企業の健全な活動に悪影響を与えるあらゆる個人・団体との関わりを一切持ちません。

4. ステークホルダーの尊重

日本精化グループは、従業員を含む日本精化グループをとりまくすべてのステークホルダーとの健全で良好な関係維持に努めます。また、機密情報として取り扱うものを除き、ステークホルダーにとって重要な情報については、適切に開示します。

5. 人権の尊重

日本精化グループは、日本精化グループの事業活動に関わるすべての人々の人権を尊重するとともに、児童労働や強制労働などの人権を侵害するあらゆる行為について一切加担しません。

6. 従業員の人格、個性、多様性の尊重

日本精化グループは、人格、個性、多様性を尊重し、一人ひとりが、ゆとりと豊かさを実感できる職場環境の実現に努めます。また、安全・清潔で健康的な職場を保つよう心がけるとともに、仕事と生活の調和(ワークライフバランス)の実現に努めます。

7. 国や地域の文化、慣習の尊重

日本精化グループは、事業活動にあたり、その国や地域の文化、慣習を尊重します。

8. 適正な取引条件の遵守

日本精化グループは、調達や販売等の事業活動において、すべての取引先に誠意をもって接するとともに、公正かつ適正な取引条件を設定し、それを遵守します。また、強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗など、健全な取引慣行を逸脱する行為や社会通念にもとる行為には一切関わりません。

9. 知的財産権の尊重

日本精化グループは、営業秘密を含む知的財産権の重要性を認識し、自らの権利を適切に保護、活用するとともに、他者の有効な権利を尊重し、これを不正に取得、使用しません。

10. 適正な記録保持、機密情報の管理

日本精化グループは、事業活動にあたり、法令、規則などにもとづき必要とされる記録、報告などを正確かつ明瞭に行い、それらの記録、帳簿、報告書などを適正に保管します。また記録された営業秘密や個人情報などの機密情報については、それらが漏洩することのないよう厳正な内部管理を行います。

改訂履歴
第1版:2004年10月1日
第2版:2008年 4月1日
第3版:2019年 4月1日