Top会社案内/ごあいさつ 一つ上へ Back Next

ごあいさつ

当社は、国内樟脳事業の統一を目的に大正7年(1918年)設立された日本樟脳株式会社を発祥としていますが、その後、脂肪酸その他油脂関連製品の製造を開始し、独自の化学分野を切り開くことによって業容を拡大してきました。
昭和46年(1971年)には社名を日本精化株式会社と改め、総合的なファインケミカルメーカーとして新たなスタートを切り、現在の事業領域は香粧品分野、工業用化学品分野、医薬品をはじめとする精密化学品分野の三本柱より成り立っております。
グローバル化が進展し企業間競争が激化する中、当社は選択と集中を推し進めると同時に国際化を進展させ国際コスト競争力の獲得に日々邁進しております。
当社の特徴は、樟脳、脂肪酸、糖質、リン脂質等地球にやさしい天然原料を主要事業の主原料として、当社独自の技術力を活用することによって高品質な製品を安定供給して参り、国内はもとより国際的にも高い評価を得ていると自負しております。
昨今は、社会が企業を評価する尺度も変化しておりますが、当社の経営理念に基づき単に自社の利潤を追求するだけでなく化学を通じて、日本精化にかかわるすべての人々とともに、社会の豊かな繁栄と、幸福な生活に貢献し続けたいと願っています。今後とも当社は地球環境と調和の中で環境、安全、健康に加え、更に品質に関する活動を加えた日本精化レスポンシブル・ケア活動(略称:NRC)に積極的に取り組むと同時に関連会社を含めた当社グループ一丸となって収益の向上を図るとともにコーポレートガバナンスの強化に基づく企業価値、株主価値の更なる向上を目指します。

今後とも、より一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。 

経営理念
●日本精化は化学を通じて社会に貢献する
●日本精化は我社をとりまく全ての人に貢献する
●日本精化は社員の自己実現に貢献する