新製品紹介 - Spiro-MeOTAD

ペロブスカイト太陽電池の量産・研究をお考えの皆様へ

ペロブスカイト太陽電池の正孔輸送材料 Spiro-MeOTAD(Spiro-OMeTAD)をお探しの方!

こんなお困り事や悩み事はございませんか?

  • ペロブスカイト太陽電池の量産に向けて、原料の安定供給が不安である。
  • ペロブスカイト太陽電池の研究をしたいが正孔輸送材料のサンプルが見つからない。
  • 正孔輸送材料の品質(特に変換効率)が心配である。
  • 現在使用している正孔輸送材料ではコストが高い。
Spiro-MeOTAD

これらの課題が、当社のSpiro-MeOTADならすべて解決できます。

  • ㎏単位のご購入や将来的な量産化もご相談下さい。
  • 純度 >99.5%(HPLC)、品質は安定しており、ロット間のバラツキもありません。
  • 少量でサンプル承ります。
  • 独自の製法により、低価格を実現しました。
Spiro-MeOTAD

構造式

Spiro-MeOTAD

ペロブスカイト太陽電池について

  • ペロブスカイトを用いた太陽電池で、正孔輸送材料にSpiro-MeOTADなどを使用します。
  • シリコン型太陽電池に迫る高いエネルギー(光→電気)変換効率を示し、次世代型太陽電池として期待が高まっています。
  • 室内環境のような低照度下でも高い変換効率を示します。
  • ペロブスカイト膜はロールtoロールによる低温プロセスでの製造が可能なため、製造コストが抑えられます。
  • 薄膜で、軽量かつフレキシブルなため、多用途での使用が可能です。

期待される使用用途の一例

住宅屋上や壁面での発電、車載、ウェアラブルデバイス、IoTセンサーなど

ペロブスカイト 結晶シリコン アモルファスSi GaAs(化合物系)
変換効率 ~25% ~27% ~14% ~29%
製造コスト
耐久性
軽量性

Spiro-MeOTADの太陽電池評価

弊社では、製造した材料のペロブスカイト太陽電池セル評価を行い、評価結果を品質向上に役立てています。

他社品との性能比較—ペロブスカイト太陽電池セル評価

日本精化品 A社品
変換効率(PCE) 16.7% 16.3%
短絡電流密度(Jsc) 21.2㎃/㎠ 21.4㎃/㎠
開放電圧(Voc) 1.06V 1.02V
曲線因子(FF) 0.74 0.74

※FTO/c-TiO2/meso-TiO2/MAPbI3/Spiro-MeOTAD/Au, 0.12㎠

他社品と比較しても同等以上の太陽電池性能を示します。

安定品質・安定供給・低価格

2021年現在、㎏単位での生産を行っています。
直近3年間の製造で品質は安定しており、将来的にも同製法での量産化が可能です。

製造実績

規格 過去3年間製造ロット
CAS番号 207739-72-8 -
外観 白色~淡黄色 白色~淡黄色
純度(HPLC) >99.5% ≧99.9%
乾燥減量 <0.5% <0.1%

弊社が開発した独自の製造方法により、低価格を実現しました。ぜひお問い合わせください。

  • お問い合わせ
  • Spiro-MeOTADに関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。
  • お問い合わせはこちら