生産設備 - ハステロイ製設備

酸性反応およびアルカリ性反応が必要な化合物の合成・委託をお考えの皆様へ

特に一連の反応で酸性・アルカリ性の各反応を必要する化合物の合成・委託をお探しの方!
また、熱に不安定な化合物の精製でお悩みのお客様!

こんなお困り事や悩み事はございませんか?

  • 一連の反応で酸性・アルカリ性の各反応が必要な化合物の合成をしたい。
  • 化合物の精製をしたいが、熱に不安定なため難しい。
ハステロイ製設備

これらの課題が、当社ならすべて解決できます。

  • ハステロイC性の反応缶・蒸留機(単蒸留・薄膜蒸留)・濾過器が揃っております。
  • 酸性・アルカリ性の両反応に対応できるため、お客様のご要望に合わせて最適な手法・条件での合成が可能です。
  • 薄膜蒸留機(ハステロイC・SUS304)を保有しているため、熱に弱い化合物の蒸留精製が可能です。
ハステロイ製設備

ハステロイC製の設備について

  • ハステロイC製の反応缶を保持しているため、一連の反応で酸性・アルカリ性反応が必要な化合物の合成にも、一つの反応缶で対応ができます。
  • 反応缶以外にも、蒸留機(単蒸留・薄膜蒸留)、濾過機も保有しており、化合物の合成だけでなく、精製も可能です。

ハステロイC製設備一覧

反応缶

装置番号 容量(L) 適応温度(℃) 適応圧力(㎪) 撹拌翼形状
R-541 5,000 40~250 0.4~101.3 マックスブレンド

蒸留機

装置番号 蒸留方法 容量(L) 蒸留面積(㎡) 適応温度(℃) 適応圧力(㎪) 備考
T-61 単蒸留 500 - 60~250 0.3~101.3
T-131 薄膜蒸留 10,000 3.0 60~270 0.3~101.3 外部コンデンサ

濾過機

装置番号 濾過方式 面積(㎡) 容量(L) 備考
F-521 加圧 2.5 2,000 撹拌機付(正/逆転,昇降)
F-541 加圧 1 300

薄膜蒸留機について

  • 薄膜蒸留機は通常の蒸留とは異なり、溶液をワイパーで薄膜状に伸ばした状態で蒸留を行うので、溶液の加熱時間が最小限で済みます。
  • 加熱時間が最小限で済むため、熱に弱く、単蒸留では精製が難しい化合物の蒸留精製に適しております。
  • 薄膜蒸留機による精製のみのご使用のご相談もお気軽にお問い合わせください。

薄膜蒸留機

装置番号 材質 容量(L) 蒸留面積(㎡) 適応温度(℃) 適応圧力(㎪) 備考
T-131 ハステロイC 10,000 3.0 60~270 0.3~101.3 外部コンデンサ
T-531 SUS304 5,000 2.0 60~270 0.4~101.3 2塔連続式
外部コンデンサ
T-541 4.0 60~270 0.07~101.3
  • お問い合わせ
  • 酸性化合物の合成に関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。
  • お問い合わせはこちら