生産設備 - 酸性ガス除害設備

酸性反応が必要な化合物の合成・委託をお考えの皆様へ

特に多量の酸性ガスが発生する化合物の合成・委託をお探しの方!

こんなお困り事や悩み事はございませんか?

  • ハロゲン化化合物の合成をしたいがノウハウがなく取り扱いが不安である。
  • ハロゲン化化合物の量産を考えているが必要量の生産ができない・大変である。
  • 現在の製造方法・仕入れ先ではコストが高い。
酸性ガス除害設備

これらの課題が、当社ならすべて解決できます。

  • 60年以上酸クロライドを製造してきており、酸性反応が必要な化合物の製造には多くの実績がございます。
  • 量産化もご相談下さい。
  • 耐酸性の反応設備・酸性ガスの除害システムを保有しており、お客様のご要望に合わせて最適な手法・条件での合成が可能です。
  • 臭素タンクを保持しており、臭素化化合物の合成を低価格で実現できます。
酸性ガス除害設備

塩化チオニルによる塩素化反応

塩化チオニルによる塩素化反応

当社塩化チオニルによる反応実施例

  • 塩化チオニルはカルボン酸およびアルコールの塩素化に汎用される塩素化剤です。
  • 実験室ではよく使用されるハロゲン化剤ですが、生産規模へのスケールアップには耐酸性の設備・ユーティリティーが必要です。
  • またスケールアップで重要なのが副生する腐食性・刺激性ガスの除害です。
原料 副反応物
物質 塩化チオニル
(腐食性物質)
塩化水素
(腐食性ガス)
二酸化硫黄
(刺激性ガス)
ラボスケール 10g 2L 2L
生産スケール 100㎏ 20,000L 20,000L
塩化チオニルによる塩素化反応

酸性ガス除害システム

弊社は、塩化チオニル3,000㎏分の酸性ガス(1,200,000L)を一度に吸収できる除害システムを所有している数少ない酸クロライドメーカーです。

500L~12,000Lの酸性ガス対応のマルチパーパス生産設備を保有しており、スケール(数十㎏~数t)に合わせた塩素化反応が可能です。

除害システム詳細

  • 塩化チオニル3,000㎏相当の排ガス除害能力
  • 除害後のガスは無害・無臭な無機塩の水溶液として排出。
  • その他、排ガス別のラインを各反応釜に完備。
除害システム詳細

当社には60年以上の脂肪酸クロライドの製造実績があり、蓄積されたノウハウがあります。

  • 生産品目(10種以上)
  • 生産量(300t以上/年)

脂肪酸クロライドの製品情報は下記よりご覧ください。

脂肪酸クロライド

設備一覧

上記にご紹介した反応・設備以外にも、得意な反応・設備がございます。
詳細は下記よりご覧ください。

設備一覧
  • お問い合わせ
  • 酸性化合物の合成に関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。
  • お問い合わせはこちら